kanoa

何でもやってみる。

何でも作ってみる。

猪谷六合雄 著
雪に生きる
新版
雪に生きる

試し読み

著者紹介

猪谷六合雄

猪谷 六合雄(いがや くにお)

一八九〇年五月五日、赤城山・猪谷旅館の長男として生まれる。
一九一四年にスキーを始め、一九二九年には千島に移住。その後、雪山を求めて赤城山、番所ばんどころ乗鞍のりくら)、土樽つちたる浅虫あさむしと転居し、自らの手で山小屋を作りながらスキー中心の生活を送る。息子・千春をオリンピックメダリストスキーヤーに育て上げたのち、七十一歳で自動車運転免許を取得。「トラベルカー」「ハウスカー」と名付け、車上生活をしながら各地を旅する。日本スキー界の先駆者として知られると同時に、独自の生活哲学を貫いた生き方も多くの共感を呼ぶ。
主な著書に、『雪に生きる』『雪に生きた八十年』『赤城の四季』『私達のスキー』『スキーはパラレルから』『私たちのスキーアルバム』など。一九八六年一月沒(享年九十五歳)。
左頁の写真は一九四一年頃の著者。

猪谷六合雄 略年譜

※()内の数字はその時の著者の年齢です。

1890年代

  • 1890年(明治23年)

    • 5月

      (0)赤城山に生まれる

  • 1897年(明治30年)

    • 4月

      (6)前橋の小学校へ入る

1900年代

  • 1902年(明治35年)

    • 2月

      (11)スケートをはじめる

  • 1905年(明治38年)

    • 7月

      (15)水絵を描きはじめる

  • 1906年(明治39年)

    • 3月

      (15)館林中学二年中退

  • 1908年(明治41年)

    • 1月

      (17)油絵を描きはじめる

    • 10月

      (18)一坪の部屋を作る

  • 1909年(明治42年)

    • 3月

      (18)飛行機の模型を作る

    • 5月

      (19)1/4立法坪の小屋を作る

1910年代

  • 1910年(明治43年)

    • 1月

      (19)結婚

    • 2月

      (19)丸木舟を彫る

    • 12月

      (20)気球隊入隊

  • 1913年(大正2年)

    • 12月

      (23)気球隊除隊

  • 1914年(大正3年)

    • 1月

      (23)スキーをはじめる

    • 4月

      (23)紙の船を作る

    • 5月

      (24)父の死

    • 8月

      (24)はじめての大島行

    • 10月

      (24)応召、ただし出征準備中に戦い終わる

  • 1915年(大正4年)

    • 5月

      (25)赤城山に志賀直哉氏の小屋を作る

  • 1916年(大正5年)

    • 12月

      (26)母と大島へ行き、泉津で家を借りる

  • 1917年(大正6年)

    • 2月

      (26)小笠原行

  • 1918年(大正7年)

    • 4月

      (27)はじめてスキーの展覧会を見る

    • 9月

      (28)ジャワ島へ行く

1920年代

  • 1920年(大正9年)

    • 4月

      (29)ジャワ島から帰る

    • 6月

      (30)離婚

  • 1921年(大正10年)

    • 9月

      (31)写真をはじめる

  • 1922年(大正11年)

    • 6月

      (32)組み立て小屋を作る

  • 1923年(大正12年)

    • 1月

      (32)母の死

    • 3月

      (32)赤倉行

  • 1924年(大正13年)

    • 2月

      (33)樺太行

  • 1925年(大正14年)

    • 2月

      (34)朝鮮行

    •  

      (34)靴下を編みはじめる

  • 1926年(大正15年)

    • 1月

      (35)サダと再婚

    •  

      (35)スキージャンプをはじめる

    • 8月

      (36)利根川の水源探検

  • 1927年(昭和2 年)

    • 2月

      (36)眼を突く

    •  

      (36)第4シャンツェを作る

    • 6月

      (37)槍、燕行

  • 1928年(昭和3 年)

    • 10月

      (38)阿蘇、雲仙行

    •  

      (38)第5シャンツェを作る

  • 1929年(昭和4 年)

    • 2月

      (38)ジャンプ大会、ヘルセット来る

    • 3月

      (38)大島行

    • 5月

      (39)立山へジャンプスキーを持ち込む

    • 6月

      (39)駒ヶ岳、阿寒、摩周湖の旅

    • 8月

      (39)千島へ渡る

    • 11月

      (39)古丹消に千島第一の小屋を作る

1930年代

  • 1930年(昭和5 年)

    • 6月

      (40)豊原行

  • 1931年(昭和6 年)

    • 5月

      (41)千春生まれる

    • 10月

      (41)セルロイドスキーの試験に白馬へ登る

  • 1933年(昭和8 年)

    • 7月

      (43)千夏生まれる

    • 9月

      (43)佐渡行

  • 1934年(昭和9 年)

    • 4月

      (43)小屋の火事

    • 7月

      (44)滝の下の小屋を作る

    • 12月

      (44)丸山と膝の奇蹟

  • 1935年(昭和10 年)

    • 9月

      (45)千島を去る

    • 10月

      (45)再び赤城山に小屋を作る

    •  

      (45)千夏の死

  • 1936年(昭和11 年)

    • 1月

      (45)鹿沢、熊の湯、発哺、霧ヶ峰、菅平、乗鞍、立山、谷川などスキー場回り

    • 7月

      (46)赤城山に友人・関口泰氏の小屋を作る

    • 8月

      (46)スカール、ファルトの練習

    • 12月

      (46)鹿沢、万座、伊吹、白馬、立山などスキー撮影行

      赤城山新坂平での放牧(1936年)
      赤城山新坂平での放牧(1936年)
  • 1938年(昭和13 年)

    • 2月

      (47)湯沢のスキー競技会で千春が「提灯競争」の参加

    • 3月

      (47)乗鞍、立山と引っ越し先をさがす

    • 4月

      (47)千春小学校へ入学

    • 12月

      (48)番所へ越す

  • 1939年(昭和14 年)

    • 3月

      (48)鈴蘭の競技会にはじめて出場する

    • 6月

      (49)野麦行

    • 7月

      (49)番所に小屋を作る

      千春のゲレンデ・シュプリング(1939年)
      千春のゲレンデ・シュプリング(1939年)

1940年代

  • 1940年(昭和15 年)

    • 6月

      (50)野麦、岐阜行

    • 7月

      (50)人夫を集めてゲレンデの手入れをする

  • 1941年(昭和16 年)

    • 1月

      (50)大町行

    • 4月

      (50)新コースを登り、はじめて本谷を下る

  • 1943年(昭和18 年)

    • 1月

      (52)日光行

    • 3月

      (52)湯沢、赤倉、北海道行

    • 8月

      (53)土樽へ越す

    • 11月

      (53)浅虫へ越す

    •  

      (53)『雪に生きる』出版

      映画撮影にも挑んだ六合雄(1943年)
      映画撮影にも挑んだ六合雄(1943年)
  • 1944年(昭和19 年)

    • 10月

      (54)『赤城の四季』出版

  • 1945年(昭和20 年)

    • 4月

      (55)要目へ越す

    • 8月

      (56)大湊、袰月行

  • 1946年(昭和21 年)

    • 1月

      (56)三度目の赤城山へ

    • 2月

      (56)スラロームバーンの開拓

  • 1947年(昭和22 年)

    • 2月

      (57)水上、草津、日光、野沢、北海道など競技行脚

  • 1948年(昭和23 年)

    • 2月

      (58)水上、長岡、草津、野沢、細野、大山など競技行脚

    • 10月

      (59)志賀高原へ越す

    • 12月

      (59)『私たちのスキー』出版

  • 1949年(昭和24 年)

    • 2月

      (59)野沢、札幌、日光、草津、米沢、乗鞍、涸沢など

1950年代

  • 1950年(昭和25 年)

    • 1月

      (60)皇太子殿下スキーご練習、熊の湯行

  • 1951年(昭和26 年)

    • 1月

      (61)殿下のスキー、鹿沢、蔵王行

    • 11月

      (62)コーネリアス・バンダー・スター氏に逢う

  • 1952年(昭和27 年)

    • 2月

      (62)殿下のスキー、尾瀬行

    •  

      (62)千春、オスロ冬季オリンピックに出場

    • 12月

      (63)『私たちのスキーアルバム』出版

  • 1953年(昭和28 年)

    • 2月

      (63)千春とアメリカへ行く

    • 5月

      (64)千春を残して日本に帰る

    • 11月

      (64)スキー科学研究会を発足

  • 1954年(昭和29 年)

    • 2月

      (64)スキーモルモットのテストをはじめる

  • 1955年(昭和30 年)

    • 3月

      (65)リフト研究会を発足

    • 7月

      (66)夏スキー、鳥海山、尾瀬など

  • 1956年(昭和31 年)

    • 2月

      (66)千春、コルチナ・ダンペッツォ冬季オリンピックに出場して銀メダル獲得

    • 4月

      (66)尾瀬、八甲田など

  • 1957年(昭和32 年)

    • 5月

      (67)妻とアメリカからヨーロッパへ

    • 12月

      (67)渡辺氏初心者の指導法研究に参加、八甲田、涸沢など

  • 1958年(昭和33 年)

    • 2月

      (67)千春、バドガスタインFISに出場

    • 12月

      (68)『スキーはパラレルから』出版

  • 1959年(昭和34 年)

    • 4月

      (68)薮原、八甲田、西吾妻、金沢、涸沢など

1960年代

  • 1960年(昭和35 年)

    • 2月

      (69)千春、スコーバレー冬季オリンピックに出場

    • 3月

      (69)六呂師、尾瀬、涸沢、立山など

    • 8月

      (70)自動車学校へ行く

  • 1961年(昭和36 年)

    • 1月

      (70)高峰でスキー学校を開く

    • 3月

      (70)リングバーのテスト

    • 10月

      (71)自動車運転免許をとる

  • 1962年(昭和37 年)

    • 2月

      (71)石の湯、尾瀬、針ノ木、涸沢など

  • 1963年(昭和38 年)

    • 1月

      (72)石の湯でスキー学校

    • 4月

      (72)先生たちを連れて九州へ

    • 7月

      (73)エルフを買い、トラベルカー1号を作る

    • 8月

      (73)レルヒの息女・ホーリヤ氏に逢う

  • 1964年(昭和39 年)

    • 1月

      (73)菅平でスキー学校、鳥海、乗鞍

    • 9月

      (74)浪江で自動車事故

    • 11月

      (74)フォルクスワーゲンを買いハウスカー2号を作る

  • 1965年(昭和40 年)

    • 5月

      (75)北海道、流葉、九州行

    • 8月

      (75)両腕の尺骨神経移植手術

  • 1966年(昭和41 年)

    • 1月

      (75)車山でスキー学校、簗場、針ノ木、北海道など

  • 1967年(昭和42 年)

    • 1月

      (76)車山、戸隠でスキー学校

    • 2月

      (76)美智子妃殿下苗場でスキーをはじめられる

    • 5月

      (77)東京へ越す

    • 12月

      (77)『初心者からのパラレルスキー』出版

  • 1968年(昭和43 年)

    • 1月

      (77)大松山でスキー学校

    • 3月

      (77)浩宮様苗場でスキーをはじめられる

    • 5月

      (78)新フォルクスワーゲンでハウスカー3号を作る

  • 1969年(昭和44 年)

    • 1月

      (78)スキー学校を戸隠へ移す

    • 3月

      (78)殿下のスキーご一行蔵王へ

    • 8月

      (79)イタリア行

    • 11月

      (79)飯豊山行

1970年代

  • 1970年(昭和45 年)

    • 1月

      (79)戸隠、中吾妻、八甲田、涸沢など

  • 1971年(昭和46 年)

    • 3月

      (80)礼宮様苗場でスキーをはじめられる

    • 5月

      (81)八甲田、十三湖行

    • 9月

      (81)蚊を取って事故を起す

  • 1972年(昭和47 年)

    • 3月

      (81)浩宮様戸隠スキー学校へ入校される

    • 5月

      (82)駒ヶ岳の春山にはいる

    • 6月

      (82)涸沢の夏スキー行

1980年代

  • 1986年(昭和61 年)

    • 1月

      (95)永眠

人生は、自分を見つけるためにあるのではなく、自分を創造するためにある。
だから、思い描く通りの人生をいきなさい。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『森の生活』(訳:今泉吉晴)より

たくさんのコメントをいただいています!

たくさんのコメントをいただいています!

お知らせ

  • 2022.01.15
    【雑誌】

    山と渓谷 No.1046(2022年2月号)にて紹介されました。

  • 2021.12.02
    【新聞】

    新文化にて紹介されました。

  • 2021.11.25
    【雑誌】

    暮しの手帖 第5世紀15号(2021年12月-2022年1月号)にて「猪谷さんの靴下」が紹介されました。

新版 雪に生きる

新版 雪に生きる

猪谷 六合雄(著)
発行:カノア